日蓮宗

日蓮宗総本山身延山久遠寺本堂

名称:宗教法人日蓮宗

祖山:総本山身延山久遠寺

〒409-2593 山梨県南巨摩郡身延町身延 身延山久遠寺3567

 

日蓮宗の教え

法華経(妙法蓮華経)を釈迦の正しい教えとして選び、「南無妙法蓮華経」というお題目を唱えること(唱題)重視。「南無妙法蓮華経」とは「法華経に帰依する」の意であり、「題目」は経典の表題を唱えることに由来いたします。

妙法蓮華経

 

日蓮聖人

日蓮聖人(1222~1282) は、鎌倉幕府中期の僧で、承久4年(1222) の春、安房国小湊(現在の千葉県鴨川市天津小湊)にお生まれになられました。

比叡山、高野山などで、修業を積んだ後、法華経にこそ仏教の神髄があるという信念を持ち、鎌倉仏教の宗旨のひとつ日蓮宗を開いた宗祖であります。

相次ぐ自然災害や争乱などで混乱を極めた鎌倉時代に生き、幾多の困難に見舞われながらも、強い信念のもと、お釈迦さまの教えを日本の地でひろめた人物です。人々の苦しみを取り除き、社会全体が幸せになるように願った日蓮聖人は、来世ではなく“今を生きる”ことの大切さを説き、法華経への信仰にその生涯を捧げました。

どんな弾圧にも屈せず、権力者に迎合することなく、最後まで民衆の側に身を置いた日蓮聖人は日本の宗教史上、稀な人物でありました。 滅後に皇室から日蓮大菩薩と立正大師の諡号を追贈されました。

日蓮聖人が説く、お釈迦さまの功徳が集約された「お題目」の世界は、今もなお多くの人々の心の拠り所となっています。

日蓮聖人像